⚡昔懐かしいクラシックゲームへの愛を込めたVRゲーム「Pixel Ripped 1995」が7月21日、PlayStation 4向けに日本で発売

メディア通知
ゲームのレビューコードを要求する場合、こちらのメールアドレスまでご連絡ください:t.kobayashi@beep-company.com

即日発表用
2020年7月21日サンパウロ – ブラジルを拠点にゲーム開発・パブリッシングを手掛けるARVORE は、この度日本で「Pixel Ripped 1995」をPlayStation VRSteamOculus Rift 、Oculus Quest向けに発売することとなりました。日本語字幕付きで、PSVRコードもご利用頂けます。

「Pixel Ripped 1995」は、下記のアジア諸国向けにPS4 / PSVR版で発売されます。

  • 日本、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム
ARVOREは現在、より楽しい機能や無料追加コンテンツの開発を行っています。これらは今後数か月間で「Pixel Ripped 1995」に実装される予定です。楽しくて挑戦しがいのある、何度もプレイしたくなる作品にすることが、私達の目標です。

Pixel Ripped 1995 Official Launch Trailer [Quest | Rift | SteamVR | Viveport | PSVR]

ARVOREは「Pixel Ripped 1995」で、プレイヤーの皆さんをタイムスリップの旅にお連れします。行先は記憶の彼方、皆さんが大切にされているだろうあの時。16ビットや32ビットのアーケードゲームで友達と競い合い、レンタルショップに新商品を探しに行ったあの時代です。VRで懐かしい体験が蘇り、ゲームが大好きになった頃の気持ちを思い出すことができるでしょう。より若い世代の方なら、現代とは少し違う、けれども根本は変わらない90年代のゲーマーライフを体験できます。大人に「もうゲームはおしまい!早く寝なさい!」と言われてもなかなか止められなかったあの時の気持ちを、もう一度味わってみませんか?

昔懐かしいクラシックゲームへの愛を捧げた本作で、バーチャルリアリティを通して1995年にタイムスリップしましょう。最高のゲーマーを探し求めるビデオゲームの主人公Dotに協力を要請されたのは、9歳の大人しい男の子、デイビッド。二人は2Dや初期の3Dゲームを舞台に、共に試練を乗り超えていきます。1990年代の名作や、アクションRPG、ベルトスクロールアクション、プラットフォーマー、スペースシューター、レーシングゲームなど、当時の人気ジャンルをオマージュした数々のゲームで冒険に繰り出しましょう。ただし、大人を怒らせないようご注意を!彼らはあらゆる状況下で目を光らせています。それぞれまるで別作品のような6つの完全オリジナルステージが用意された「Pixel Ripped 1995」で、VRゲーマーもレトロゲーマーも楽しめる冒険の旅に出かけましょう!

「Pixel Ripped 1989」は下記のストアからご購入頂けます。

ANA RIBEIROについて

Ana Ribeiroは、ブラジルのバーチャルリアリティゲーム開発におけるパイオニアです。ブラジルの北東部で生まれ育った彼女は、その類まれなる創造力とVRゲームへの探求心で、現地だけでなく世界的にも高く評価されています。数々の受賞歴があり、2016年オリンピックではVRのヘッドセットを付けて聖火ランナーを務めました。イギリスのNFTSでゲームデザインの修士号を獲得し、ゲームプログラミングおよび心理学で学位を取得しています。

ARVOREについて

ARVOREは、サンパウロとロサンジェルスに拠点を置く、受賞歴のあるブラジルのゲームスタジオです。奥深いインタラクティブな物語体験の創出と開発を手掛け、仮想現実、拡張現実、複合現実など、ゲーム世界への没頭を促す最先端のテクノロジーを使用しています。ARVOREでは多彩な分野を専門とする革新者と開拓者を集めたチームと、これらのプラットフォームの可能性を高めることを使命とするラボが協力し、様々なテクノロジーやセンス、メディアを繋げることで、ストーリーテリングの限界に挑み続けています。ARVOREの作品はデジタル販売を通して世界中の皆さんの元に届けられ、ラテンアメリカではスタジオが所有・管理する最先端VRテーマパーク、Voyagerにて販売されています。