海外で高評価のインディーゲーム「Pinstripe」が9月24日(木)にSwitch&PS4で発売決定!開発者による特別メイキング映像も公開

海外で高評価のインディーゲーム 「Pinstripe」が9月24日(木)にSwitch&PS4で発売決定! 開発者による特別メイキング映像も公開

2020年9月17日(木) – 日本 東京 – Beepはこの度、海外で高い評価を受けているインディーアドベンチャーゲーム「Pinstripe」の日本語版を、Nintendo SwitchおよびPlayStation 4に向けて2020年9月24日(木)に販売開始することを発表いたしました。またリリースに先駆け、開発者のトーマス・ブラッシュ氏による、特別メイキング映像も公開いたしました。

ゲームについて
「Pinstripe」は、牧師だったテディーというキャラクターが、神を名乗る謎の人物にさらわれた娘のボウを助け出すために地獄へおもむく2Dアドベンチャーゲームです。一風変わった興味深いパズルや手軽なショットガンで撃退する奇妙なモンスター、地獄を進む中で出会うユニークで愛らしいキャラクターが特徴のゲームです。

この作品では、トーマス・ブラッシュ氏が5年の歳月をかけて創造した地獄の世界を舞台に、心を揺さぶる冒険の物語を体感することができます。アニメーション映画「Coraline」の上杉忠弘氏による美術デザインにインスピレーションを受けた不気味な雰囲気のアートビジュアルに加え、人気YouTuberフェリックス・シェルベリ(ピューディパイ)やGame Grumpの Steam Trainでおなじみの ロス・オドノヴァンが声優に起用されています。

特別メイキング映像

さらに日本での発売に先駆けて、開発の舞台裏に迫る特別メイキング映像を公開。グラフィック、音楽、ストーリーなど、開発のすべてを1人で手掛けるトーマス・ブラッシュ氏が本作品に掛ける熱い想いを、ゲーム映像を交えながらご紹介いたします。

販売情報
「Pinstripe」日本語版は、2020年9月24日(木)、Nintendo SwitchおよびPlayStation 4に向けて発売開始。ゲームの詳細については、ニンテンドーeショップやPlayStation Storeをご参照ください。

また、本作品に加え、同じくトーマス・ブラッシュ氏が手掛けたタイトルである「Neversong」を収録した日本限定特別パッケージ版も、10月22日(木)に発売が予定されています。豪華な初回予約特典付きの本パッケージ版は、各店舗で好評予約受付中。詳しくは、Beepの特設ウェブサイトをご覧ください。

Thomas Brush(Atmos Games)について

トーマス・ブラッシュがゲーム作りを始めたのは、彼が10代の頃。開発5年に及ぶ情熱を傾けた「Pinstripe」は、2017年にSteamで、2018年にはNintendo Switchで発売され、Steam、The Washington Post、TIME Magazineにて高い評価を獲得しました。トーマスは他にも受賞歴のある「Coma」(2010)および「Skinny」(2011)の制作を手掛けています。http://atmosgames.com/

Beep Japan, Inc.について

当社は、規模は小さいながらも情熱溢れるインディーゲームのパブリッシング企業です。日本を拠点にアメリカにもチームを擁しています。他では味わえない体験をプレイヤーの皆さんに楽しんで頂くため、日本国外の優れたインディーゲームをお届けしています。https://www.beep-company.com