愛と犠牲、異世界の聖なる存在の物語 エドモンド・ステインロット伯爵があなたをグローヒルの屋敷へ招待する

愛と犠牲、異世界の聖なる存在の物語
エドモンド・ステインロット伯爵があなたをグローヒルの屋敷へ招待する

台湾 –2020年8月28日。即時リリース用。

「Lamentum」は19世紀ニューイングランドのとある屋敷を舞台にしたダークサバイバルホラー。Obscure Talesが開発を手掛け、Another Indieがパブリッシングを担当する本作には、「Yuppie Psycho」、「The Simulacra」シリーズ、そして間もなくリリースされる「Vigil: The Longest Night」の影に潜む恐ろしいモンスターが登場します。「Lamentum」はGamesCom 2020にてプレイ可能です。

高貴な若き夫婦、ビクターとアリッサは、アリッサの病を治す方法があると聞き、グローヒルの屋敷に誘い込まれます。しかし時として、薬は病以上に苦しみを与えることがあります。グローヒル邸は病を治す場所とはかけ離れた場所でした。屋敷には血が滴り、化け物が蔓延していたのです。ビクターは使えるものは何でも使い、あらゆる武器と知恵を駆使して、暗い屋敷で彼を待ち受けている危険を生き延びなければなりません。一つ一つの決断と行動が未来を変えることになります。ハッピーエンドは約束されていないのです。

“もしナイアーラトテップがゲーム開発者になってクラシックサバイバルホラーを作ったら「Lamentum」のような作品になるだろう。”- Francisco Calvelo – 「Yuppie Psycho」のクリエイター、Baroque Decayゲームデザイナー「Lamentum」は、「Resident Evil」や「Silent Hill」、そしてHPラヴクラフトの小説など、クラシックサバイバルホラータイトルから着想を得た作品で、2019年7月のKickstarterで成功を収めました。

「Lamentum」のプレビュービルド版をお試しになりたい方や、GamesComにてミーティングをご希望の方は以下をクリックしてください:

「Lamentum」は2021年春、PCおよびSwitch向けに発売、PlayStationとXbox版の発売日も近日告知予定です。どんなに強い心を持ったプレイヤーも虜にして堕落させる魅力が盛りだくさんになっています!
19世紀の近接・遠距離武器の数々
フライ・スプレッダーやウォーキング・フェミンなど、悪夢のような恐ろしいモンスター
子供のトゥースボックスなどの不気味なアーティファクトを操作しよう
分岐する物語と複数のエンディング
敵を前に逃げるか戦うか選択しよう
インベントリとリソースを慎重に管理しよう
巨大な屋敷に不規則に広がる部屋の数々を探索しよう
大人向けの恐怖の物語

「Lamentum」に関する詳細は、本作のSteamページまたはウェブサイトをご覧いただくか、Discordにご参加ください。または、下記の連絡先までお問合せください。

プレスのお問い合わせ先: pedro@singleplayerpr.com(Pedro Cano)

一般情報: vlad@anotherindie.com (Vlad Tsypljak)
その他のアセットはプレスキットをご覧ください。
Obscure Talesについて

Obscure Talesはスペインのセビリアを拠点にした2人組のチームです。不気味なものや不吉なものへの情熱を共有する2人の破滅的な魂が出会った時から、プレイヤーを恐怖の底に陥れるデジタルコンテンツ制作の旅が始まりました。詳細は下記をご覧ください: https://obscuretales.com

 

Another Indieについて

Another Indie は本社を台北、台湾に構えています。世界最高レベルのゲームを届けることに、言語的・地理的な障害が存在してはならないという信念のもとで、中国や東南アジアの優れたゲームを世界に向けて発しています。