Switch&PS4用ソフト「Pinstripe」日本語版が本日発売! 同氏制作の「Neversong」もニンテンドーeショップで予約受付開始

  • by

Switch&PS4用ソフト「Pinstripe」日本語版が本日発売! 同氏制作の「Neversong」もニンテンドーeショップで予約受付開始

2020年9月24日(木) – 日本 東京 – Beepはこの度、海外で高い評価を受けたトーマス・ブラッシュ氏によるインディーアドベンチャーゲーム「Pinstripe」の日本語版を、Nintendo SwitchおよびPlayStation 4に向けて1,490円(税込)にて販売開始いたしました。また同時に、同氏の手掛ける「Neversong」もニンテンドーeショップにて予約受付を開始いたしました。

「Pinstripe」について

「Pinstripe」は、牧師だったテディーというキャラクターが、神を名乗る謎の人物にさらわれた娘のボウを助け出すために地獄へおもむく2Dアドベンチャーゲームです。一風変わった興味深いパズルや手軽なショットガンで撃退する奇妙なモンスター、地獄を進む中で出会うユニー

クで愛らしいキャラクターが特徴のゲームです。

「Neversong」について
物語の主人公は、昏睡状態から目覚めるも恋人が行方不明になってしまった少年ピート。プレイヤーは6つの怪しい意味深なステージに誘われ、寓話じみた夢の世界で、ブラックフォーム収容所の不気味な回廊から響き渡ってくる悲鳴の正体や、大人達が酷く暴力的になってしまった理由、そして謎に包まれたピートの過去を解き明かしていくことになります。およそ10年前から始まった奇妙な物語。その扉の向こうには一体何が潜んでいるのか、その目で確かめてください!

「Neversong」は現在ニンテンドーeショップにて予約受付中。発売は、2020年10月22日を予定しています。

Thomas Brush(Atmos Games)について

トーマス・ブラッシュがゲーム作りを始めたのは、彼が10代の頃。開発5年に及ぶ情熱を傾けた「Pinstripe」は、2017年にSteamで、2018年にはNintendo Switchで発売され、Steam、The Washington Post、TIME Magazineにて高い評価を獲得しました。トーマスは他にも受賞歴のある「Coma」(2010)および「Skinny」(2011)の制作を手掛けています。http://atmosgames.com/

 

Beep Japan, Inc.について

当社は、規模は小さいながらも情熱溢れるインディーゲームのパブリッシング企業です。日本を拠点にアメリカにもチームを擁しています。他では味わえない体験をプレイヤーの皆さんに楽しんで頂くため、日本国外の優れたインディーゲームをお届けしています。https://www.beep-company.com