Share on facebook
Share on twitter
Share on email

台湾に実在した伝説的盗人として正義を成す
スタイリッシュ2Dアクション『添丁の伝説』
日本語版の発売が11月2日(火)に決定!

台湾の開発会社CGCGとNeon Doctrineは、台湾の伝説的な盗人「廖 添丁(りょう てんてい)」の人生 をモチーフにした、スピード感あふれる横スクロール・アクションゲーム『添丁の伝説』の発売日を 2021年11月2日(火)と発表いたしました。台湾の歴史や伝承、爽快なアクションをふんだんに盛り込 んだこの作品は、PC(Steam)とニンテンドースイッチ向けに配信予定です。

物語について

1895年の下関条約により台湾は日本に割譲され、統治下に置かれることとなった。自由を求める想いから多くの英雄たちが生まれてきたが、今なお語り継がれる1人の男がいる。それが本作の主人公、廖添丁(りょう てんてい)だ。

カリスマ的な盗人であり、無法者として指名手配もされていた添丁となり、20世紀初頭の台北を舞台に正義を求めて戦おう。中国の伝統的なアートスタイルにヒントを得た洗練されたグラフィックと、緻密に調整されたコンバットシステムを採用。パンチ、キック、スラッシュ、そしてもちろん窃盗を組み合わせて、ユニークな特徴を持つ無数の敵を打ち倒せ。

『添丁の伝説』の特長

● スタイリッシュな戦闘:空中コンボや短刀、腰袋、そして光速のカンフーを駆使し、スタイリッシュに敵を一掃しよう。敵の持つ多彩な武器を盗めば、自分の物として使うことも可能だ。

● やりがいのあるボスバトル:凶暴な宮廷人、貪欲なビジネスマン、軍人など、様々なボスが登場し、ダイナミックな能力と強力な攻撃であなたに襲い掛かる!

● 舞台は台北:中国の伝統的なアートスタイルで描かれた、1900年代初頭の台北市を探索しよう。高速の列車に乗り、暗い下水道を自由自在に駆け抜けろ。

● パワーアップの数々:さまざまなお守りを使って、添丁を自分のプレイスタイルにカスタマイズ。回復量が増えたり、スタミナの回復が早くなったり、受けるダメージが減るなど、多彩な効果がある。

● 四色牌(スーソーパイ):台湾の伝統的なボードゲームで遊んで、ちょっと休憩するのも良いだろう。

※画像は開発中のものです

Steamでウィッシュリストに登録!

Neon Doctrineについて

Neon Doctrineは、台湾の台北に本社を置いており、言語や地理的条件がゲーマーや開発者にとって障壁になるべきではない、という理念を掲げています。私たちは、刺激的で、斬新で、恐ろしいゲームの数々を提供しています。当社のタイトルや会社情報、今後のリリース情報などについては、

https://www.neondoctrine.com/ をご覧ください。

トピックス

メールマガジンに登録